Return to site

包丁の捨て方はどうする?

包丁などの刃物を捨てるときは、怪我をしないように捨てる方法があります。

京セラの陶器の包丁を使っていたんですが、落としてヒビが入ってしまい、捨てることになりました。やっぱり・・陶器はダメですね~。京セラに苦情を出すと何にも返って来なくて、包丁だけ、同じのが送られてきました・・えって感じですが。。同じ京都に在住しているんで、京セラ頑張れ~!!

ということで、包丁を捨てたいんですが、さて、この包丁、いざ捨てようと思い、困りました。いくらなんでも、そのまま燃えないゴミでは、危ないですよね。
包丁ってどうやって捨てたら良いのでしょう。

ゴミ収集する方の身になって、ゴミ収集で考えていきたい!

鋭利な刃物でもある包丁は、カッターやナイフ類なども同様に、刃物ですね。下手に出すと、ゴミ収集する方が怪我してしまいます。実際に自治体の職員ではなく、委託している会社の人であることも多いようですが、それでも怪我をしていいという理由にはなりません。そこで、包丁などの刃物は類は、捨てるときにはひと工夫必要です。キチンと、正しい捨て方を知っておく必要がありますね。

刃物の処分・捨て方を知っておきたい!

捨てる場合には、包丁などの刃物は何になるのか?カテゴリーを理解しておく必要がありますね。

  1. 刃物は切れないようにしておく!

    刃の部分は粘着テープで巻いておく。段ボールなどで挟んで、ガムテープで巻いておく。こうしておくと、包丁の刃は隠れている状態になりますから、怪我をすることを防げますね。

  2. 包丁です!とキチンと表示する!
    刃の部分が隠れていても、紙を貼ってから、マジックなどで「包丁です!刃物です!」と表示しておくと親切ですね。近所の方が持ち上げた時も、怪我を防ぐことができますよ。

さいごに・・

刃物以外にも、危険なスプレー缶とか、剱山などの尖ったもの、ライターなどを捨ててしまう方もいるようです。そこで、自治体がゴミ出しのルールブックを配っているかと思います。ぜひ役場などで確認してみてください。刃物などの危険物は、正しい捨て方を確認することができるでしょう。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly